「A Never Ending Journey  果てなき旅」(服部植物研究所発行)

世界に一冊だけの地球詩絵本

地球誕生から46億年の紆余曲折、
人類がコケの傍らに二本の足で立つまでの道のりを、
カタカナの言葉であらわし、22のシーンを版画で描きました。

4600ページ、全長690メートル。
1ページが100万年。

神話も科学も、この世のはじまりに思いを馳せてきました。
わたしたちが、わたしたちを含める天然自然について、
理解を深めていくほど、絵本も描き、書きかえられ、
折りのページは差し替えられていくでしょう。

絵本は「果てなき旅」のひとつの道しるべ、
コケもわたしたちもその中にいます。

木版画:  水田順子
製本と箱:  西尾 彩 
企画と言葉:  石田紀佳

渋紙張りの外箱に、標本箱を模した五つの箱を収納
折り本は、和紙に木版、活版印刷、箔押しなど
外箱(472×348×186mm) 渋紙、山羊革
標本箱 麻布、山羊革、ガラス